お父さんのたまご焼き

おとたま

「お父さんのたまご焼き」から改名しました

30・40代必見‼公務員に転職してよかったのは給料より時間と心の余裕

ネクタイを締める男性

公務員って、やっぱりいいのかなぁ?

この記事はそんな疑問を持つあなたのために用意しました。

ご訪問おまちしておりました。公務員ブロガーのおとたま(@ototama46)です。

なんとなく公務員にあこがれるけど、ホントに公務員っていいのかなぁって思いますよね。

国家公務員はブラック企業だの、職員は不祥事で捕まるなど世間に出てくる公務員のニュースは暗いものばかり。

だから、あなたがそんな風に思うのも仕方がないかもしれません。

でも、実際に民間企業から公務員へ転職したわたしの答えは、

公務員に転職して一番よかったのは、お金よりも時間と心の安定を手に入れたことかな

こちらの記事にも書きましたが、わたしは民間企業から公務員に転職しました。

「定型事務ばかりでつまらない」、「前例踏襲で考え方が古い」とか言われますが、確かにそう感じる場面はたくさんあります。

でも、そうであるからこそ社会人経験・民間企業経験が活きてきます。

役所は今、まさに昔の役所体質と新しい仕事感が入り交じっている状態です。そんな今だからこそ、社会でもまれてバランス感覚がある社会人経験者が役所に必要なんです。

上層部もそんな社会人経験者に期待しています(わたしも期待されています)。

ぜひ、あなたのその社会で揉まれまくった経験を役所で活かしてみませんか?

この記事では、転職で気になる休みなどの福利厚生面給料だけじゃないお金の話など、転職して「よかった」点をまとめてみました。

あなたの経験を生かせる部署がきっとあります。この記事を読んで公務員への転職を考えてみませんか?



  • 【福利厚生】休暇や待遇面などよかったこと
    • 土・日・祝日は原則、休み
    • 夏休みがない
    • 休みは条例で決まっている
    • 全就業時間は民間時代より約3割減
    • 起床時間が一定
    • 外部経験があるというだけで期待される
  • 【金銭面】お金の面でよかったこと
    • 利益を上げる必要がない
    • やっぱり給料は安定している
  • よくなかったことはただ1つ。はじめ、給料はほぼ民間時代より低くなる
  • よかったことはお金の安定だけじゃない
続きを読む

氷河期世代も公務員へ転職。試験対策は最低この過去問題集を解くべし

公務員試験・問題集

今年こそは転職しようかなぁ~

本記事は、そんな漠然とした思いをお持ちのあなたのために用意しました。

転職を考えているあなた!公務員なんかどう?

どうも、40代で民間から公務員へ転職したおとたまです。

公務員になるために避けて通れないのが公務員試験です。

30代、40代が受験できる社会人経験者の試験では、論文や面接のほかに新規採用が受ける試験と同等レベルの一般教養試験(マークシート)があります。

最近は論文・面接だけの自治体もありますが、この一般教養試験を突破しないと面接には進めない自治体がほとんどです。

でも、学校を卒業して十年経っているので、いまさら国語や数学はなぁ~とお思いかも知れませんが、

ひとまず、これだけでもやっておくといいよ

って過去問題集があります。ズバリこれです。

公務員試験は過去問に似た問題がよく出題されるので、合格するには試験問題に慣れるのが一番です。

とはいえ、公務員試験の一般教養試験は出題範囲が広いので、いろいろな参考書や問題集に手を出すと時間が足りないし、的を絞れません。

また、時間がない人はあれこれ手を出してる余裕もありませんよね。


こんな人にこそおすすめ

  1. 日々の仕事が忙しくて勉強時間が取れない人
  2. 試験まで時間がない人(受験まで1~2か月の人)
  3. 最小限の勉強で合格したい人

そこで本記事では、私が実際に使用してみて試験勉強の一番最初としておすすめする問題集について、なぜこの過去問題集がいいのかをお伝えします。

この記事を読んで、限られた時間のなかこの過去問題集を繰り返し解いて、公務員試験に慣れてください。

  • すべての範囲が網羅されている
  • 今の自分のレベルがわかる
  • 試験会場に持っていきやすい
  • これだけでは十分ではない
  • この問題集だけでも繰り返し解いておこう
続きを読む

市民農園初心者が押さえる5ポイント!野菜作りが楽しく続く農園とは?

市民農園・野菜作り

市民農園とか借りてみたいけど、どんなところがいいのかなぁ?

この記事はそんな悩みを持つあなたに市民農園を選ぶポイントをお伝えする記事です。

ご訪問お待ちしておりました。週いちで畑仕事に勤しんで8年目のおとたまです。

わたしは家庭菜園で野菜作りして今まで2か所の市民農園を借りてきました。

そんな中、この菜園のココがよかった、コレが菜園にあればよかったと実際に感じているからこそ農園選びのポイントを体感してきました。

市民農園などの大きな畑を借りると色々と作れるものが増え、

野菜作りって、メッチャたのしい!

と、あなたに思ってほしいから、いい農園を選んでもらって野菜作りを楽しんでもらいたい。

そんな思いで、この記事を用意しました。

この記事を読むと、たくさんある市民農園からあなたに合った場所が見つかりますよ。



  • 市民農園って誰が貸してくれるの?
  • 市民農園って費用かかるの?
  • 市民農園って好きな場所が借りられるの?
  • 市民農園って一度借りたら、ずっと借りられるの?
  • 市民農園ってどんなとこ?(まとめ)
続きを読む

公務員のお休み。有給休暇は取りやすい?充実している?

f:id:pdas100:20210319232115p:plain

今の職場、有休が取りづらい雰囲気なんだよなぁ

この記事は、今の仕事にそんな不満をお持ちのあなたに、世間から休みやすいといわれる公務員の休みについてお答えする内容です。

ご訪問お待ちしておりました。

民間企業から公務員へ社会人採用で転職したおとたまです。

近ごろは働き方改革とかで、いろんな福利厚生が整えられ始めています。

私も民間に15年間勤めていたことがありますが、休暇制度で整えられているのは、せいぜい当たり前ともいえる有給休暇(1日か半日)と育児休暇(産休)、あと規模によっては病気休暇(病休)ぐらいじゃないでしようか。

ところが、公務員には有給休暇の中に時間休暇って制度があります。

どんなときに利用するかと言えば、ホントは病院の予約時間に間に合わないから1時間だけ早く帰りたい。

だけど、取得できる休暇の最小単位が半日休暇しかない。

だから、半日休暇とっても予約に間に合うギリギリまで仕事して、結局1時間だけ早く帰るとか。

2~3時間ぐらい有給休暇をムダにしてますよね。

私はそんな時でも適当に理由つけて帰っちゃいますけど。

行政は、やっぱり多くの休暇を取りやすくして個人の時間を多くしたいから、あの手この手で休暇制度を作ってるんだよ

この記事を読むと「公務員の休暇制度っていいなぁ、公務員へ転職してみようかな」と、あなたの背中を押してくれること間違になしです!


  • 公務員は有給休暇を取りやすいのか?
  • 公務員の休暇は法令で決まってます
    • 2019年の10連休は法律で定めないと公務員は休みにならなかった
  • 1年目から有給休暇が20日与えられます
  • 夏休み(お盆休み)はない
    • 夏季休暇の有効的な使い方
  • 特別休暇は働く人にとって休暇のあるべき姿です
    • 時間休という有給休暇がとれる
  • 休暇は比較的とりやすい
  • 家族のために公務員へ転職してみませんか?
続きを読む

40代でも大丈夫‼公務員試験の特徴はどんな経歴でも受かる可能性あり

f:id:pdas100:20210317212130p:plain

俺でも公務員受験できるのかなぁ

この記事は、そんなあなたの疑問にお答えできる内容です。

ご訪問ありがとうございます。

民間企業の技術者から事務職の公務員へ転職したおとたまです。

公務員への転職かんがえてるの?

公務員の世界も転職組が増えてきました。

もともと公務員は29歳ぐらいまで受験できるので、2~3年民間企業で勤めて公務員に新規採用として就職する人もいます。

でも最近は、民間企業で一定期間勤めた人でないと受験できない採用枠を設けて、民間企業の経験を役所で活かしてもらおうという採用があります。

わたしはその民間企業経験者枠の試験に合格して採用されました。

それも民間では技術者だったのに、採用されたのは事務職。

いまの時代、行政の経験だけでは対処できない色んな課題があります。

企業の誘致や観光、色んな業界やほかの自治体とのコラボなど。

そういう課題に対して、民間での経験を生かしてもらおうというのが主な採用目的です。

また、公務員の世界では当たり前なことも、世間から見ると違和感がありまくりなこともありますので、あらたな風を吹き込んでもらい、公務員の世界しか知らない職員の意識を改革していこうというのも目的の一つです。

では、最近、いろんな自治体で取り入れられている民間企業の経験者の採用試験ってどんなものなのかを今回はご紹介したいと思います。


  • 公務員試験は誰でも受けることができる
  • 社会人対象の試験は法律関係の試験科目がない
  • 社会人向けの試験では論文は必須
  • つまり、どんな経歴でも合格できる
続きを読む

社会人に朗報!!公務員試験の倍率は高い?!倍率は数字ほど関係ない

ネクタイを締める男性
ご訪問いただき、ありがとうございます。


おとたま(@ototama46)と申します。


社会人経験者採用って倍率、高いんでしょ?


見た目の数字にまどわされたらダメだよ。


この記事は、公務員に転職したいけどたくさんの人が受けてて倍率高いから難しそうだなぁ~って、思っているあなたの不安を解消できます。


なぜなら、社会人対象の公務員試験で公表されている競争倍率と実際の競争倍率は、だいぶ違うんですよ。


この記事では、社会人対象の公務員試験はどんな人が受けて合格しているのか、そして競争倍率は実際にはどうなのかを紹介します。


この記事を読んで、食わず嫌いにだった社会人採用の公務員試験での転職にチャレンジしてみようと思っていただければ幸いです。


  • 社会人対象の公務員試験はどんな人が受けているのか
  • 社会人対象の公務員試験は本当に競争倍率が高いのか
  • 社会人対象の公務員試験の穴場は専門職と大きな自治体
    • 土木や建築などの専門職
    • 東京都の23区や政令指定都市など規模の大きい自治体
  • 社会人対象の公務員試験は狭き門なのか
続きを読む

【転職の第一歩】仕事の検索方法が重要!!2度の経験から学んだ事とは?

f:id:pdas100:20210317213454p:plain

転職活動って何から始めればいいの?

本記事はそんな疑問を持つあなたのために用意しました。

どうも、2回転職しているおとたまです。

転職活動、始めようと思ってる?

転職したい理由、仕事を変わりたい理由は人それぞれです。

わたしも過去2回、転職してきました。

理由はそれぞれ。

1回目の時は辞めることをギリギリで決めたため、辞めたあとの転職活動のことなんかまったく考えていませんでした。

おかげさま(?)で30代前半に約2年間も無職でした。

そんなわたしも手探りで転職活動をして、なんとか転職できました。

そんな手探りで転職活動していたとき、いろんなサービスを利用しました。

ハローワークや転職情報サイトなど、転職に関する情報は今ではたくさんあります。

役に立つサービスもあれば、まったく役に立たないサービスもありました。

転職活動に正解はなく人それぞれだと思いますが、新しい仕事ってどうやってみんな探しているのか気になりますよね。

今回は、過去2回、転職をしたわたしが実感した役に立ったサービス、役に立たなかったサービスを紹介したいと思います。

転職活動にふみ出そうとしているあなたの役に立てれば幸いです。


  • 公的な転職サービス:ハローワーク
  • 会社が用意した転職仲介サービス
  • 転職情報サイト
  • 転職サービス(まとめ)
続きを読む

40代で公務員へ転職!!経験者採用は過去の職歴が考慮されるのか?

f:id:pdas100:20210316192149j:plain

公務員に転職して、前の仕事って活かせるの?

そんな疑問を持つあなたのための記事です。

ご訪問ありがとうございます。

民間企業から転職した現役公務員のおとたまです。

わたしのところでも、すでに200人以上の民間企業からの転職者が働いています。

過去の経歴はマチマチで、大手メガバンクから塾講師、ショップの店員だったのもいます。

さすがにフリーターはいなさそうですが、アルバイトだった人はいます。

わたしのところは過去の経歴が公務員でも試験を受けることができますので、私の知る限りですが数名、前職も公務員だった人がいます。

なので、大半の人は公務員未経験です。

でも、未経験の職種に転職するのって勇気いりますよね?

わたしの友人に、試験に合格したにも関わらず「未経験だから自信がない」って辞退したやつがいます。

もったいない・・・。

結論から言うと、最初の配属は考慮されてることが多いけど、そもそも数年で異動するから経験や自信はまったく気にする必要はないです。

こちらの記事にも書いたように、試験の機会は誰にでも開かれています。

もし、今の仕事からの転職を考えているのなら未経験とはいえ、公務員への転職を選択肢の一つとして考えてみませんか?


  • 民間経験採用者の最初の配属はある程度、考慮される
  • 経験採用者もいずれは異動する
  • 経験者採用ということに最終的には気づかれなくなる
  • 採用後のことを気にしても仕方がない
続きを読む

【氷河期世代の公務員試験】面接は前日・当日の過ごし方で決まる‼

面接は前日から

面接当日って、どうしても緊張して頭が真っ白になっちゃう・・・どうしよう

この記事はそんな疑問・不安を持つあなたに用意しました。

ご訪問お待ちしておりました。

どうも、現役公務員のおとたまです。

面接ってどれだけ経験しても、当日って緊張しますよね?

想定外の質問されたらどうしよう、とかいろいろ考えだしたら寝られずに寝不足で、朝からバタバタして頭ボーッとして面接に臨んで撃沈・・・。

そう、面接は前の日から始まってるんだよ

そうは言っても、面接前日が忙しかったりしてなかなか準備が難しいですよね。

そこで、前日に最低やっておくべきこと、当日にやるべきことをわたしの経験からお伝えします。

前日にやることは物理的な準備、当日は精神的な準備です。

簡単なことばかりですので、ぜひやってみてください。


  • 当日の服装などは面接前日に準備
    • スーツは当日まで着ない
    • ワイシャツも当日まで着ない
    • ネクタイ・靴・鞄は無難が1番
  • 面接当日は気持ちを整える準備
    • 大きな声を出そう
    • 当日は事前に提出した資料に一通り目を通そう
  • 面接前日からの準備で決まる
続きを読む

【公務員試験を目指す社会人40代】ポイントは試験科目の選び方‼

試験科目は選べ

忙しくて時間がないんだけど、短時間で効率よく勉強する方法ない?

この記事はそんな疑問・不安を持つあなたに用意しました。

ご訪問お待ちしておりました。

民間企業から公務員へ40代で転職したおとたま(@ototama46)です。

公務員試験の1次のマーク式試験は多数いる受験生を絞り込む足切りのための試験です。

しかも、社会人経験者・民間経験者採用は2次試験(論文や面接)が重要視されますので、1次試験の合格ラインは受験者数によって多少変動するものの、それほど厳しいものではありません。

約6割程度の点数が取れれば次の段階に進めると言われています。つまり、ある程度の点数を取ることが目標ですから100点を目指す必要はありません。

つまり、

試験科目すべてを勉強する必要はないし、得点の見込みが少ない科目は捨てても大丈夫

そこでこの記事では、前半で試験科目ごとの傾向をお伝えし、後半では実際に合格したわたしの戦略をお伝えします。

この記事を読んで、あなたにマッチした試験科目を選択し、効率よく勉強して合格に近づきましょう。


  • 勉強する科目は取捨選択が必要
    • 試験科目の出題割合は例年ほぼ同じ
    • 力を入れる科目は受験時に勉強した科目と得意な科目
  • 人文科学・自然科学は特に取捨選択が必要な科目
    • 国語と英語は出題割合が多いから捨てられない科目
    • 理科や社会は絶対に科目をしぼるべき
    • 資料解釈や芸術、文化は捨て科目
  • 数的判断と判断推理は絶対に捨てられない科目
  • 時間のない40代こそ思い切った試験科目の取捨選択が必要
続きを読む

終身雇用で逃げ切れ!!40代以上は公務員へ転職しかないんじゃない?

ネクタイを締める男性

ご訪問いただき、ありがとうございます。


おとたま(@ototama46)と申します。


トヨタ自動車社長や経団連会長が「終身雇用制度を守れない」と発言してたね・・・

いまさらだけど、いよいよ現実味を帯びてきたってことかもね

さらに大企業も45歳以上に早期退職を迫ってきました。


でも、その発言をした人たち(経営層)はまさに「終身雇用制度」の時代のまっただ中を生きてきて、最大限、恩恵を受けた人たち。

納得いかいよね?でも、そんなこと愚痴っても嘆いても何も始まらない。辞めさせられるだけだよ。

じゃあどうするか?


あなた自身が行動を始めるしかありません。


いつ解雇・リストラにあってもいいように自分のスキルを高めて次が見つかるようにしておくのか?副業を始めていくつかの収入減を作っておくのか?


なんらか新しい雇用環境への行動を始める必要があります。


そんなこと急に言われても、今まで考えたこともないしなぁ、やっぱり、終身雇用で働きたいなぁ・・・

多くの人がそう思うんじゃないでしょうか?


若ければいざしらず40歳以上ともなると、いまさら新しいことなんてムズカシくてって思っちゃいますよね。


でもここに、おそらく今後も終身雇用がつづくし、40歳以上の新人でも通用する職業があります。


それは公務員です。


この記事では、公務員がクビにならない(できない)理由について、そしてこの先の安定について書いてます。


この記事を読んで行動に移すのは、あなたです。


  • なぜ公務員はクビにならないの?
  • 公務員の地位は今後も安定しているの?
  • 40代こそ公務員への転職を考えよう
続きを読む

社会人必見‼公務員試験の勉強は独学でも3か月あれば間に合う!!

公務員試験・社会人採用

公務員試験まで時間がないんだよなぁ

この記事はそんな疑問・不安を持つあなたに用意しました。

ご訪問お待ちしておりました。

民間企業から公務員へ社会人採用で転職したおとたまです。

もし、まだ3ヶ月あれば間に合うよ

公務員の社会人試験ってだいたい9月~10月ぐらいが一番多い感じです。

民間企業で働きながら試験勉強するには時間が足りないですよね。

でも、いろいろ手を出すには時間が足りないけど的を絞って試験勉強すれば、まだまだ合格のチャンスはあります。

本記事では、私が実際使ってみて、少ない時間でやるべき試験対策に適した過去問集をお伝えします。

公務員試験の勉強は慣れることが大事です。

少しでも早く取り掛かった人ほど合格の可能性が高くなります。

まだまだ大丈夫!と思って、試験勉強に取り組んでみませんか?


  • 出題割合を確認する
  • まずは総合問題集に取りかかろう
  • 試験勉強は一般知能の3分野と時事問題に絞る
    • 判断推理・数的推理は土日に腰を据えて
    • 文章理解は平日などの勉強時間に
    • 時事問題は通勤などの隙間時間に
  • ペーパーテスト対策だけでは合格できない
  • 公務員試験対策は早い者が勝つ
続きを読む

この3つは必須!社会人採用の公務員試験の論文・面接対策アイテム

論文・面接対策

論文対策や面接対策ってどうすればいいの?何か参考になるものないのかなぁ?

この記事はそんな疑問を持つあなたに用意しました。

ご訪問お待ちしておりました。

40歳で倍率50倍を突破した現役公務員ブロガーのおとたまです。

30代・40代の社会人経験者が受験できる公務員試験には論文と面接がつきものです。

国語や時事といった正解がある試験だと過去問を解くなど対策もあるんですが、正解がない論文や面接はどうのように対策すればいいのか難しいですよねぇ。

だからって一発勝負って訳にもいかないし・・・。

最低これだけは!って、おすすめしたいのがあるよ、それは次の3つ。

  • 経験者採用試験 論文・面接試験対策コース(通信教育)
  • 公務員試験 現職人事が書いた「自己PR・志望動機・提出書類」の本
  • 面接で『特A』をとる! (静山社文庫)

この記事では、40歳で倍率50倍の試験を突破したわたしが、論文・面接対策で実際に利用して役に立ったものをおすすめします。

これらを利用すれば絶対合格できるわけではないですが、これらを利用しない人よりは確実に合格に近づくと自負しておすすめします。


  • 論文対策なら通信教育が1番
  • 論文・提出書類対策にはこの参考書が1番
    • ダメ例文が多いのが重要
    • 公務員試験向けの志望理由が必要
    • 書類のマナーも参考になる
  • 面接対策は解答内容だけじゃない
    • 面接で答えばかりに気を取られて失敗
    • 面接で見られているのは人間性
  • 論文・面接対策はこの3つ
続きを読む

社会人採用の公務員試験おすすめ過去問。わたしはこれで合格!

ネクタイを締める男性

仕事しながらだと、勉強時間がないんだよなぁ

この記事はそんな不安を持つあなたに用意しました。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

40歳のときに、社会人で倍率50倍の公務員試験に合格したおとたまです。

仕事でも家庭でも社会人として忙しいからこそ、公務員試験の勉強は効率よくやりたいですよね。

そこで重要なのが問題集えらびです!

忙しい社会人こそ、問題集を厳選して効率よく勉強しないとね

公務員試験の社会人採用に向けた問題集はありませんので、学生が使っている公務員試験の問題集を使います。

でも、ホントいろいろあってどれがいいのか・・・

世の中、公務員試験の問題集は山のようにあり、どれがいいか迷っちゃいますのよね。

そこで、この記事では、40歳のときに競争率50倍の社会人を対象とした公務員試験に合格したわたしが実際に使ってよかった問題集をお伝えします。

マーク方式の一般教養試験に限っていえば5試験中4試験で合格点を越えていますので、これから紹介する問題集を使えば、社会人対象の公務員試験の一般教養試験だけは合格ラインに近づきます。


  • 公務員試験の総合問題集で全体の傾向を把握すべし
    • 総合問題集にもレベルがある
  • 社会人向けの公務員試験の科目別おすすめ問題集
    • 国語などの基礎5科目(人文科学・自然科学)
    • 数的推理・判断推理
    • 時事問題
    • 時事(社会科学)は高校の現代社会の知識も必要
  • 社会人の公務員試験勉強は隙間時間の有効利用が鍵
    • 時事問題は速攻の時事シリーズで決まり
    • 理科(自然科学)は速攻シリーズ
  • 時間のない社会人は問題集選びが合否を分ける
続きを読む