お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

【防災対策は難しくない】災害用伝言ダイヤル(171)の使い方にはコツがある。ぜひ、利用体験を!

スマホ

どうも、おとたま(@ototama46)です。


2018年9月6日、北海道で震度7の地震が起きましたね。


東日本大震災以来、震度6や震度7の地震が頻発しています。


昔、大学で地震を勉強していたものとしては、正直、異常なほど頻発していると感じます。


わたしが大学4年生のとき、阪神・淡路大震災がおきました。


地震学に携わっているときに大きな地震が起き、不謹慎ながら貴重な経験ができたと感じていました。


わたしが勉強していたころは、震度7なんて一生のうちに一度あるかないかぐらいの感覚でした。


それが、その後、これだけ震度7が起きまくっている。


これだけ頻発してるってことは、やはり普通ではないと感じます。


わたしは東日本大震災のとき、千葉で仕事をしていました。


奥さんも当時は東京で働いていましたので、地震が起きたとき連絡が取れなくなりました。


結果的に、お互いの実家経由でお互いの安否を確認できましたが、家族の安否が確認できるまでは心配で何回も電話をかけました。


でも、つながることはありませんでした。


そのとき、災害用伝言ダイヤル(171)は知っていたんですが使い方がわからなかった。


普段から171の使い方を練習しておけばよかったとつくづく思いました。


それ以来、わが家は災害用伝言ダイヤル(171)の使い方を勉強し利用体験してますが、利用するときにちょっとしたコツが必要だと感じました。


そこで、今回は災害用伝言ダイヤル(171)の紹介とそのコツ(覚えやすい電話番号の必要性)をお教えします。




*災害用伝言ダイヤル(171)って知ってます?使ったことあります?

最近はだいぶ知られてきたんじゃなぁかなぁと思いますが、使ったことがある人は少ないんじゃないかなと。


主なキャリアなら携帯電話でもスマホでも大丈夫。


キャリアごとの利用方法は各キャリアのホームページで確認できます。


災害用伝言板 | お知らせ | NTTドコモ


災害用伝言板サービス│災害時・緊急時対策│au


災害用伝言板/災害用音声お届けサービス | モバイル | ソフトバンク


災害用伝言板サービス|安心・安全|サービス|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで


格安スマホ(格安SIM)は、おそらくNTTが提供している「Web171」を利用することになると思います。


災害時TOP画面 | 災害用伝言板(web171)


わたしが利用しているIIJmioはWeb171を利用するようホームページに説明がありました。


Web171は電話で伝言を残すのではなく、Web171のページにメッセージを書き込むことで、お互いの安否を確認するサービスです。




年に数回、利用体験できます

『171』は普段は利用できません。


基本的に大規模災害時にしか利用できません。


普段から利用できるようにしておくと、ただの伝言板として利用されてしまうので、災害時にだけサービスが利用できます。


でも、年に数回、利用体験できる期間があります。

  • 毎月1日と15日
  • 正月三が日
  • 8/30~9/5の防災週間
  • 1/15~1/21の防災とボランティア週間

この期間は誰でもどこからでも利用可能です。




『コツ』は、いつでもどこでもどんな時でも思い出せる電話番号

電話番号

171を利用するとき自分の電話番号を入力する必要があります。


相手は安否を確認したい人の電話番号を入力してメッセージを確認します。


ところで、この電話番号ですがどの番号入れるか知ってます?


被災地圏内の番号なら何でもいいんですよ。


手もとのケータイでもお家の電話でもオーケー。


でも、大半の人は今かけてる電話番号を入れようとするんじゃないでしょうか?


となると、一番多いのが自分の携帯電話の番号。


もし、登録時に自分の携帯番号で登録すると、171で自分の安否を相手が確認するためには、さっきも書いたように相手はあなたの携帯電話の番号を入力しなければなりません。


では、相手(たとえば、家族)はあなたの電話番号を何も見ずにわかりますか?


携帯の電話帳を見ればわかると思うでしょうが、171にかけながら電話帳見ることできます?


そもそも、


携帯の電池がくなったらどうする?


そうなんです。


あなたの携帯番号、反対に家族の携帯番号を覚えてることはほとんどないですよね。


だって、最近はスマホなどの電話帳や着信履歴から電話かけていれば番号わからなくても電話できますから、覚えてる必要がないんですもんね。


だから、相手とどの番号で伝言を入力するのか決めておく必要があるんです。


それも、何もなくても思い出せる番号を。


そこで、わが家はお家電話の番号で入力することに決めてます。


お家の電話番号ならお互い目をつぶっても思い出せます。そういう番号を決めておく必要があります。


もし、お家電話がなければ、お互いの携帯の電話番号をメモして備えておきましょう。


メモがあれば、お互いの携帯番号でそれぞれ171を登録しても相手の安否が確認できます。




災害時は何が起こるかわからない。事前の準備を!

【まとめ】

  • 災害用伝言ダイヤル(171)を体験利用する
  • 登録する電話番号を決めておく(何も見なくても思い出せる番号)
  • 家族の携帯電話番号をメモしておく

災害はいつ、何が起きるかもわかりません。


だから、できる限りの準備をしておく必要があります。


災害用伝言ダイヤル(171)の利用体験や事前の決め事、メモの用意も災害への備えです。


食料などの備蓄品を買いそろえることだけが備えではありません。


今回の北海道の地震も、今後30年間で震度6弱以上が発生する確率はほぼ0%でした。


もう、日本に住んでいる以上、いつどこで大きな地震が起きるかわかりません。


ですから、何もない時にどれだけ準備しておくかが重要なんです。


さぁ、今すぐ準備を始めましょう。

www.ototama46.com

以上、よろしくお願い申し上げます。


この記事が役に立ちましたらSNSでシェアしていただけると幸いです。