お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

【ニコンA900】安いデジカメで十分!こどもを撮るなら最新機種はいらない

ニコンA900

子どもの卒業式とかにピッタリの安いデジカメってないかなぁ?

この記事はそんな疑問を持つあなたに用意しました。

ご訪問お待ちしておりました。おとたま(@ototama46)です。

最近のデジカメはミラーレスだのなんだのって結構な値段しますよね?

カメラが趣味なら10万とか出せるけど、子どもの入学式や卒業式、運動会や発表会とかの写真しか撮らないのに10万のカメラなんて、

豚に真珠でしょ?

そう、一眼レフだのミラーレスだの完全にカメラ業界の術中にはまっているんですよ。

安くても十分、あなたを満足させるカメラはあるんですよ。

ずばり、わたしのおすすめはニコンのA900というコンパクトデジカメ。

おすすめの理由は次のとおり。


5つのあすすめポイント

  1. 老舗カメラメーカーだけあってレンズは秀逸
  2. 月も撮れる光学35倍の高倍率
  3. 液晶画面が上にも下にも動く
  4. 動画は4K動画が撮影できる

おまけに最新機種じゃないので安い。

ねっ、買いでしょ?


ニコンA900は、ほかのメーカーの同クラスの最新機種と比較しても優秀

カメラの比較表
画素数・光学ズーム倍率とも、他メーカーの同種クラスのコンパクトデジタルカメラの最新機種と比較しても最高水準で、その他の機能も遜色ありません。

重さも標準的な重さで、片手でも十分しっかり持てる重さですし、カメラ前面右側は握りやすい形状となってます。

価格も後継機としてA1000が出たおかげで安くなり、中古なら約20,000円でも手に入ります。

ニコンA900なら月も撮影できる高倍率

満月の写真

1つ目のポイントは、なんと言っても光学35倍の高倍率です。

他のデジカメでも35倍などの高倍率がありますが、光学ではなくデジタルズームの場合があります。

光学ズームとデジタルズームの違いは大まかに言うと次の通りです。

  • 光学ズームは虫眼鏡で拡大して見る
  • デジタルズームはスマホで画面を拡大して見る

もちろん、同じ倍率なら光学ズームのほうが画質はきれいです。

満月であれば手持ちでも十分、キレイに撮れるよ

子どものイベントで高倍率の光学ズームが本領発揮

幼稚園や保育園ぐらいの運動会なら園庭も小さいので1桁倍率でも十分、撮影可能です。

しかし、小学校になると運動場がグッと広く大きくなりますので、遠くの方で子どもが演技などしていると1桁の倍率では正直きびしいです。

一般的に高倍率のレンズだとF値が大きくなり暗くなりますが、素人の日常使いだと昼間や室内であれば気にならないレベルです。

夜ならどうせフラッシュを使いますから、F値の小さい明るいレンズの実力ってホント日常使いレベルではわかりませんので、レンズの明るさを気にせず光学ズームの高倍率を選択することをおすすめします。

ニコンA900の1番のおすすめポイント!上下に動く液晶画面がすごく便利

わたしがニコンA900をおすすめする1番の理由は液晶モニタが上下両方向のチルト式だというところです。

ちなみにチルト式とは、カメラの液晶が固定されておらず上下左右に動くタイプのこと。

もちろんA900以外にも液晶画面がチルト式のコンパクトデジカメはあるんですが、ほとんどが上向き・下向きのどちらか一方に180°可動するだけのタイプ。

180°可動とは液晶画面がレンズ側に向けられるように動くことを意味しています。

液晶画面をレンズ側に向けられる、つまり、この片側方向にだけ180°可動する液晶タイプが想定しているのは自撮り。

でも、デジカメで自撮りします?スマホでやっちゃいますよね?

だから、180°に動く液晶タイプってそんなに惹かれないんですよね。

このあたり、デジカメメーカーさんはわかってますか?

A900は上側180°に下側90°に動かせる

A900上側チルト
下側チルト

しかし、このA900はちょっと違います。A900のモニター液晶は上にも下にも可動します。

ただし、上下どちらにも180°は動きませんので液晶を見ながらの自撮りはできません。

っていうか、さっきも言ったようにデジカメで自撮りってしないですよね?

この上下両方向に稼働するチルトモニターのメリットは2つあります。


上下両方向チルトのメリット

  1. 上側にチルトすることで、低い位置にある被写体に対して液晶モニターをのぞき込みながら撮影できるので、しゃがみ込むことなく低い位置を撮影できるし
  2. 下側にチルトすることで、前に障害物があっても手を上に伸ばすことで、被写体が見えなくてもモニターを見ながら撮影できる。

上側へのメリットは被写体との距離感

上側チルト
子どもの写真を撮るとき、何となくいつも上から目線のような写真になっていませんか?

それもそのはず。大人の目線の位置からとると、どうしても子供をとるときに下向き目線の撮影になるからです。

その点、液晶画面を上向きにできるタイプだと、カメラを腰あたりに構えたまま液晶を見ながら撮影できるので、子供の高さで写真が撮れます。

いざ撮影してみるわかりますが、上から目線でとる写真と子供目線でとる写真では雰囲気がまるで違います。

下側へのメリットは前の人がジャマにならず写真が撮れる

下側チルト

運動会や発表会の子どものイベントって、最近はおじいちゃんやおばあちゃんまで来るので見学者が多いですよね。

わが子の写真を撮ろうにも前の人の頭や身体がジャマで、

写真に前の人がたくさん映り込んで、わが子が小さく映っている・・・

液晶が見れずにイチかバチか腕を伸ばして写真撮影したらわが子が写っていなかった・・・

なんてこと結構多いんじゃないでしょうか?

そういうときこそ、下側へ傾けることができる液晶画面の出番です。

液晶画面を下に向けることで腕を伸ばした状態でも液晶画面を確認しながら写真が撮れるので、ちゃんとわが子が写真に入ります。

仮にどちらか一方しか液晶画面が動かないカメラを購入するとしたら絶対、下向きに動くカメラのほうが重宝しますよ。

4K動画は十分な画質

わざわざビデオカメラ買って撮影しても、あとで見ることってほとんどなくないですか?

であれば、デジカメの動画撮影機能がいいものであれば十分で、ビデオカメラ買わなくてすむと思いません?

ニコンA900の動画は4K動画なので、ちょっとしたショートムービーなら全然オーケーなクオリティです。

カメラ本体も適度に重さがあるので、手持ち&高倍率で撮影してもカメラをしっかりホールドできるので、それほど手ぶれは気になりませんよ。

A900のおすすめカバー

各メーカーのコンパクトデジタルカメラには純正のカバーが販売されています。

がしかし・・・

ダサいよぉ~

わたしもいろいろと探し回って、やっと納得のいくものが見つかりました。
おすすめカバー
A900とカバー

開閉はマジックテープなので素早くカメラが取り出せますし、カバーを外してもカメラにつけたまま撮影できるし、ジャマならスナップボタン一つで取り外し可能です。

素材はウェットスーツなどにも使われてるネオプレーンなので、ちょっとした雨ならカメラが濡れる心配はありません。

A900はコンパクトデジカメの中でも比較的、大きい方なのでこのカバーであれば大抵のデジカメは入ります。

ただし、カメラが密閉されているわけではないので完全防水ではありません。ご注意ください。

なにも最新機種じゃなくてもいいデジカメはあります

最近はミラーレスだったり立派なデジタル一眼レフカメラを持ってる人が多いですね。

でも、どれもこれも10万円前後と決して安くはないです。

しかも替えのレンズまでってなると、子どもや家族の写真を撮るためにそこまでお金をかけるかというと、わたしはいらない出費だと思います。

だって、撮った写真ってほとんどパソコンやスマホで見るぐらいでしょ?

仮に現像するとしても、写真の出来上がりはプリンターの性能に大きく依存します。

だから、カメラが趣味っていう人以外は最近の一眼レフカメラの性能を活かせてません。

だから、子どもや家族の記録としての写真なら、安くてコンパクトで持ち運びやすい高倍率なデジカメが1台あれば十分だし、むしろ、そっちの方が気軽に使えて、結果的にたくさんの写真を撮ることができますよ。

気軽にカメラを持ち出して、たくさんの思い出を残しませんか?

以上、よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立ちましたらSNSでシェアいただけると幸いです。