お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

忙しい40代社会人。公務員試験の面接は前日・当日の過ごし方で決まる

面接は前日から


面接当日って、どうしても緊張して頭が真っ白になっちゃう・・・どうしよう

この記事はそんな疑問・不安を持つあなたに用意しました。


ご訪問お待ちしておりました。


どうも、おとたま(@ototama46)です。


面接ってどれだけ経験しても、当日って緊張しますよね?


想定外の質問されたらどうしよう、とかいろいろ考えだしたら寝られずに寝不足で、朝からバタバタして頭ボーッとして面接に臨んで撃沈・・・。


そう、面接は前の日から始まってるんだよ


そうは言っても、面接前日が忙しかったりしてなかなか準備が難しいですよね。


そこで、前日に最低やっておくべきこと、当日にやるべきことをわたしの経験からお伝えします。


前日にやることは物理的な準備、当日は精神的な準備です。


簡単なことばかりですので、ぜひやってみてください。


当日の服装などは面接前日に準備

事前準備したスーツ

服装などの準備は前日にすませておきましょう。


それらの準備がすんでいるだけで、当日の気持ちの余裕が違います。

スーツは当日まで着ない

当日あわてて、つい前の日に着ていたヨレヨレのものを選んでしまったなんてことがないように、前日からクローゼットの目につくところに掛けておきましょう。


クリーニングに出して当日まで着ないでおいたスーツですから、クリーニングのタグなども忘れずにはずしておきましょう。


パンツなんかはハンガーに掛けた状態のものだったりしますから、前日からシワを伸ばすように掛け直しておきましょう。

ワイシャツも当日まで着ない

ワイシャツもスーツ同様、事前にクリーニングに出しておいて当日まで着ていないものにしましょう。


スーツのパンツのように折りジワが当日残らないようにハンガーに掛けておきましょう。


できれば2,3日前から掛けておくと折りジワがきれいにとれます。


急ぎの場合は、お風呂に入った後のお風呂場に掛けておくと湿気でシワがとれます。


あと、クリーニングのタグも忘れずに。

ネクタイ・靴・鞄は無難が1番

当日迷わないためにも前日から決めておきましょう。

  • ネクタイは紺色などの無難なもの
  • 靴もビジネスなもので色は黒か暗めの茶色(軽く磨いておく)
  • 鞄は普段リュックを使っていても、面接当日はビジネスバッグ


面接の場にオシャレは必要ありません。特に公務員の場合、良くも悪くも無難が1番です。


目立つことと個性は違います。個性は面接の中の受け答えで発揮しましょう。


とにかく前日に準備できることは全部すませておいて、面接当日を迎えましょう。

面接当日は気持ちを整える準備

ネクタイを締める男性

さぁ、面接当日です。


前日に服装などの準備をすませているので、当日はあわてずに身支度しましょう。


そして、その余裕を気持ちを整える準備に使いましょう。

大きな声を出そう

面接では緊張して、だいたいの人が無意識に声が小さくなってしまいます。どんなにすばらしい経歴も小さな声で話されると自信なくに聞こえます。


だから、大きな声でハキハキ受け答えするだけで、他の人より自信ありげで印象がよくなります。


そこで、面接に出かける前に家で大きな声を出しましょう。話す言葉な何でもいいと思います。


面接で必ずと言っていいほど名前は聞かれますので、

「○○と申します。今日はよろしくお願いいたします。」


とか、アナウンサーの方がよくやっている

「あえいうえおあお、かけきくけこかこ・・・」


などの発声練習を大きな声でやりましょう。


緊張もほぐれて一石二鳥です。だまされたと思ってやってみてください。


当然、わたしもやりました。

事前に提出した資料はすべて一通り目を通しましょう

確実にすべての書類に目を通すために、試験会場に向かう途中ではなく、ぜひ、家を出る前にゆっくりすべてに目を通しましょう。


面接の材料は、あなたが事前に提出した履歴書や経歴書、志望動機書などです。


わたしも実際、

  • あなたの長所である「ねばり強さ」は公務員の仕事にどう役に立つのか
  • 最近気になっているニュース(当時はiPS細胞)について、なぜそのニュースが気になるのか


など質問されました。


わたしの自治体では事前レポートの提出がありましたので、面接のメインはそちらからの質問が多かったですが、記憶の限りでは、最後に一言、言っておきたいこと以外はすべて事前提出の書類に記載したことに関することでした。


なんて書いてたっけ?ってことにならないようにしましょう。

面接前日からの準備で決まる

チェックする男性

面接前日の準備は次の通りです。

  • スーツやワイシャツなどを目に見えるところに出しておく
  • シワを取っておく
  • ネクタイや靴は無難なものを準備しておく
  • かばんはリュックではなくビジネスバッグ


面接当日の準備は次の通りです。

  • 大きな声を出す
  • 事前に提出した資料はすべて目を通しておく


面接は試験の前日から始まっています。一発勝負です。


あなたは1次試験合格のために通勤時間も惜しんで勉強したり、仕事から帰ってきて、また土日も勉強したりとたくさんの時間を費やしてきました。


その努力の甲斐あって2次の面接までたどり着きました。


あなたは今の境遇を何かしら変えたくて公務員への転職を考えたはずです。


公務員へ転職するまであと一歩です。


しっかり前日から準備して面接に臨み、あなたの能力・経験をしっかり面接官に伝えましょう。


この本は面接に臨むうえで大事なことが全て書いてあります。この本を読んで面接を勝ち抜きましょう。


以上、よろしくお願い申し上げます。


この記事が役に立ちましたらSNSでシェアいただけると幸いです。