お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

通信教育は役に立つ?40代で挑む社会人採用の公務員試験

通信教育は必要?


公務員試験の通信教育ってどうなの?


この記事はそんな疑問・不安を持つあなたに用意しました。


ご訪問お待ちしておりました。


おとたま(@ototama46)です。


公務員試験といえば公務員予備校に通ってる人、たくさんいますよね。


もちろん、予備校に通える人なら通ってもいいんです。実際、新規採用を受けようと思ってる社会人1~3年目ぐらいの人は予備校に通ってる人がいます。


そういう人向けのコース(授業が午後7時からとか)もありますし。


でも、社会人経験枠で受験を考えている30代、40代って仕事が忙しくてそんな時間ないじゃないですか?


じゃあ、予備校に通えないなら大手予備校がやってる通信教育ってどうなんだろう?って。


わたしも通信教育、受講しました。

でも、論文対策以外ほとんど役に立たなかった・・・

一部、論文対策は使い方次第では役に立ちました。


この記事では、通信教育の中身から役立て方(コツ)をお伝えします。


通信教育を受講するしないかの判断は、この記事を読んでからでも遅くありませんよ。


わたしが受講した通信教育

勉強する男性

わたしも受験のときは実務教育出版の経験者採用試験コースの通信教育を受講しました。

2020年度経験者採用試験コース(実務教育出版)


わたしが受講した時は80,000円ぐらいでした(現在は75,600円です)ので、今も受講料は大きく変わっていません。


しかし、わたしの経験から言わせていただくと論文対策だけで十分でした。

社会人経験者向けの公務員試験対策の通信教育

わたしが取り寄せた通信教育の教材は、大きく分けて2つで構成されていました。

  1. 一般教養試験対策のテキストと問題集
  2. 経験者論文対策のテキスト

一般教養試験対策のテキストと問題集については公務員試験の科目すべてが入っています。


経験者論文対策については論文のテキストと添削用原稿用紙。


一般的に通信教育といえば、受験生が課題を送ってそれに対して何かしらアドバイス等が送られてくるものをイメージしますが、一般教養試験対策はただテキストと問題集が送られてきて独学で解くだけ


課題を提出して何かしらアドバイス・リアクションがあるのは論文対策だけでした。

一般教養試験対策として通信教育だけでは質・量ともに不十分

テキストと鉛筆とメガネの勉強イメージ

一般教養科目については正直、通信教育の教材は解説が難しく質・量も不十分でした。特に判断推理についてはまったく理解できませんでした。


せっかくだから一通り利用しましたが、ホント不要でした。唯一役に立ったかな?と思えるのは、専門の過去問集を買わなかった数学と物理を思い出す程度に勉強できたこと。


でも、数学と物理も総合過去問集があれば十分だったので通信教育の一般教養試験対策はマジいらなかったです。


はっきり言って、一般教養科目はスーパー過去問とかクイックマスターとかで補わないとダメです。というより、スーパー過去問とクイックマスターをやり込んだ方がいいし、それだけで十分です。


数的処理については有名な2大問題集があるのでそちらの方が頻出の過去問も掲載されているし、解説もすごくわかりやすかったです。

www.ototama46.com

通信教育の論文対策は役に立つ

原稿用紙と鉛筆

経験者論文対策は通信教育が役に立ちました。ただし、わたしが受けた通信教育では論文添削は2回まででしたので少ない機会を有効に使う必要がありました。


※今現在では論文の添削は、実務教育出版の経験者採用コースでは8回となっています(いいなぁ~)。


少ない機会を有効に使うためには、1回目も2回目も提出までに徹底的に下書きし納得いく論文を提出することです。なんとなくな状態では提出しない。


自分自身が納得していない論文を提出して「やっぱりそこが足りないよね・・・」と、自分でも不十分だと認識しているところを指摘されても何のメリットもありません。


だって、自分でも不十分だと認識しているところを改めて指摘されるだけなんですから。


納得のいく論文を提出することで初めて、思ってもみなかった指摘を受け自分の論文に本当に足りないところが見えてきます。

通信教育の提出論文は下書き段階で誰かに見てもらう

赤ペンによる添削イメージ

少ない回数の添削を有効に使うためには自分自身で納得いく論文を提出することがすべてです。


じゃあ、そうすれば自分自身が納得のいくと論文が書ける?


それは提出前の下書きを誰かに見てもらうほかありません。しかも見てもらう人は、あなたのよさに1番気がついている1番身近な人、例えば奥さんとかがいいです。

わたしは受験の経歴書や志望動機、及び通信教育の提出論文にいたるまですべて奥さんに見てもらい、第三者の意見をもらいました。


自分の得意分野の論文を書くと、強調したい内容を何回も書いてしまっていたり専門用語を使ったりと、自己満足的な文章になりがちです。


だから素人目線で、あなたのよさを1番わかっている人に読んでもらう必要があります。


ぜひ徹底的にダメ出しをしてもらいましょう。


恥ずかしいとか言ってる場合じゃないよ。あなたの人生がかかってるんだから!

通信教育を受講するなら論文対策だけで十分

ブイサイン

もしあなたが通信教育を受講しようか悩んでいるのであれば次の点を意識してください。

  • 一般教養科目は質・量とも不十分
  • 論文対策は使い方次第では役に立つ

一般教養試験のカリキュラムも、わたしが受講した時期にくらべて進化していると思いますが、それでもスーパー過去問やクイックマスターなどの過去問集をやり込めば合格の可能性は十分あります。


通信教育とはいえ結局は独学です。通信教育を独学で勉強できる人であれば、過去問集を独学でやり切れるはず


公務員試験の一般教養科目はとくかくたくさんの過去問を解くことが合格への近道ですから。


論文試験対策は使い方次第では十分役に立ちます。

2020年度県権者採用試験[論文・面接試験対策]コース


ただし役に立たせるには、とにかく下書きを何回もして身近な人にダメ出ししてもらって、渾身の論文を提出してください。それで初めて、いい点や思いもかけないアドバイスがもらえます。


だから、通信教育を受講するなら論文対策だけで十分です。しかも現在は、実務教育出版の通信教育では添削回数が8回も設定されているので、私が受講した時よりもはるかに受講価値があります。


通信教育をうまく利用して合格しましょう!


以上、よろしくお願い申し上げます。


この記事が役に立ちましたらSNSでシェアいただけると幸いです。