お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

お父さん!遊びに行く場所は公園で十分! 子どもたちは”非日常”を求めているんです

f:id:pdas100:20180517222601j:plain
どうも。毎朝五時のたまご焼き調理人ブロガー「お父さんのたまご焼き」です!

さて、休日、子どもをどこに連れて行こうかお悩みではありませんか?

わが家も、上の子が活発なもんで休日に家で遊ぶと、どこか退屈そうです。

そんなお子さんをお持ちの親御さんの悩みに一言。

子どもは、特別なところに連れて行かなくても楽しいんです!

子どもにとって「どっか」は「どこでもいいから」と同じ

休みになると「どっか連れてって~」と、せがまれますよね。


そのときの子どもの本音は「どこでもいいから外出しようよ~」なんです。

だから、とにかく

外出すればいいんです。

外出先は公園でもいいんです。別にディズニーランドとか遊園地なんて、期待してないんですよ、子どもは。

公園なら、いつもの公園でもいいですが、できれば、いつもと違う公園に行く方がいいですね。でも、別に遠くの公園じゃなくていいんです。

子どもたちがいつも遊んでいる公園のちょっと先の、子どもの足では遠くて遊びに行けない公園で十分です。

子どもが求めているものは非日常なこと

子どもたちがいつも遊んでいる公園は、ふだん公園に行かないお父さんにとっては新鮮かもしれません。

しかし、子どもたちにとっては日常と一緒。休日感がないんです。

子どもたちは「休日感」=「非日常」がほしいんです。

だから、ちょっと遠くの公園で十分なんです。

わが家にとっての遊び場は、子どもが楽しいと思える場所

そんなわが家は、車で20ぐらいの所にある無料で自転車とか足こぎゴーカートが借りられる交通公園が、休日のヘビロテ遊び場です。

砂場とかもあるので、下の子(1歳)も遊べる場所があります。

あと、ホームセンターとか大型リサイクルショプなんかも、子どもはよろこびますね。

最近のホームセンターは、大型化でいろいろと商品があり飽きなくていいです。犬や猫、うさぎなんかのペットなんかもおいてあるし。

サンプルとか展示品とかもあって子どもたちも、それで楽しんでます。うちのムスメは、なぜかインターホンが大好きです。独りで受け手と話し手をやってます。もしもし~?は~い!ってかんじで。

また、フードコートもあったりして半日ぐらいは遊べます。ちなみに、わが家はフードコート利用時、おにぎり持参派です。

リサイクルショップもいろいろ商品があって楽しいみたいです。節度ある遊び方をしています(^_^;)
eggs-of-father.hatenablog.jp

気負わずに出かけて遊びましょう

子どもと遊べる時間なんてそんなに長くないです。

小学校前半ぐらいまでかな?

「お父さ~ん!」なんて言い寄ってくるのなんて今だけ。そのうち「あっち行って!」とか言われちゃうんだから。

しょうがない!

せめて「くさい!」って言われないようには気をつけたいと思っています。

以上、よろしくお願い申し上げます

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしていただけると幸いです。