お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

ランドセルが安いのはアウトレット。人気の色もモデルもあるよ!

アウトレットランドセル

ランドセルって高いなぁ・・・

この記事はそんな不満を持つあなたに用意しました。

ご訪問お待ちしておりました。ランドセルを安く購入したしたおとたま(@ototama46)です。

ランドセルってホント高いですよねぇ。

しかも年々、購入時気が早くなってラン活なんて言葉まで。

でも、ちょっと立ち止まって冷静に考えてみてください。

子どものカバンに数万円・・・あなたが普段使っているカバンはいくらですか?

そんな価格のランドセルって、いくら6年間使うからといって必要ですかねぇ。

でも、どこもかしこも5万とか7万とかするじゃん

そんなことないよ。安くて品質も問題ないランドセル、あるよ

そう、安くて品質も新品同様のランドセルがあります。

ズバリ、アウトレットのランドセル!

だいたい半額ぐらいで購入することができますよ。

さぁ、探してみませんか?

安くて品質も問題なしのステキなランドセルを。


ランドセルのアウトレット商品は売れ残り

セール

ランドセルをやすく購入する方法はズバリ、アウトレットを購入すること。

アウトレットって聞くと、小さな傷がある商品だったり、最近ではアウトレット専用の商品なんかをイメージしますよね?

でも、ランドセルのアウトレットは違います。

基本的には商品には何にも問題がない売れ残りのランドセルです。

だから、商品はまったくの新品。

色も、ベーシックな黒や赤、そのほか水色や緑色、流行りの茶色なんかもあるので色だけで言えばほぼ選び放題です。

ただし、それぞれの色やモデルによって数に限りがありますので欲しい色やモデルがあれば早めに購入しましょう。

今の1年生が背負っているランドセルも入手可能

いろいろなランドセルメーカーのアウトレットサイトを見ましたが、商品として一番多かったのは2~3年前のモデルでした。

ランドセルって毎年、新しいモデルが出ますけど、ほとんど分からないぐらいのマイナーチェンジです。

だから、アウトレットかどうかなんて誰にも分かりません。

ちなみに、今の1年生が背負っているランドセル、つまり昨年、新モデルとして販売されていたランドセルも手に入ります。

なお、2019年4月に1年生になった子どものランドセルは2019年モデルとして2018年に販売されていたことになります。

なので、「○○年モデル」としてアウトレットで販売されているランドセルは、実際に販売されていたのは「○○-1年前」ということに注意が必要です。

価格は最大60パーセントオフ

プライスダウン

アウトレットといっても、当然ながらモデルごとに値引き率が違います。

でも、だいたい半額前後です。たった1年違ってるだけで半額ですよ。

一般的なランドセルだと5~6万円しますので、値引き額は約3万円!

ものによっては半額以下もあります。

ちょっと古いだけで傷もなく新品で、新商品と機能的に差がないのに数万円違うって、アウトレットでも十分だと思いませんか?

アウトレットを扱っているメーカーは限られてくる

アウトレットのランドセルが手にはいるメーカーは限られます。

会社の規模がそれなりに大きいメーカーじゃないと扱ってません。

でも、有名どころのメーカーはだいたいインターネット販売で扱ってます。

ただし、かばんメーカーの直営店があれば、実店舗ではアウトレットを扱っているところもありますので、中小のランドセルメーカーであれば、一度、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

わが家もちょうど、新規モデルが出るころにアウトレットの問い合わせをしたところ「支店は新規モデルだけになってしまいましたが、本店ではまだ取り扱ってます」と言われたことがあります。

気になるメーカーがあれば、ホームページを検索したり、一度、実店舗に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

わが家はふわりぃのアウトレットランドセル

わが家はふわりぃのアウトレットランドセルを購入しました。

定価46,000円だったものを23,000円の50%オフで購入!

2万円以上、安く買うことができました。

わが家の場合、黒色を購入希望だったのでモデルも選び放題でしたから、アウトレットとはいえできるだけ新しいものをと思い、1年前のモデル、つまり今の1年生が背負っているモデルの中から選びました。

ふわりぃのランドセルの選んだ理由は修理窓口

わが家が数あるアウトレットの中からふわりぃを選んだ理由は、子どもの背負った感覚もありますが、修理窓口です。

ふわりぃの販売メーカーは、協和というカバン販売会社さんです。

この会社、みなさんも見かけたことがあるカバン販売店をやっています。

それはMON SAC

イオンなどのショッピングモールなんかで見かけるカバン屋さんです。

そこに持ち込むことで修理受付してくれます。

一般的なランドセルの修理は、ホームページや電話で修理を申し込んで、発送用の段ボールなんかが送られてきて、それに入れて送り返すことになります。

しかし、身近に実店舗があるおかげで直接持ち込め対応か早いので、その点もわが家がフィットちゃんを選んだ理由です。

ふわりぃのアウトレットは協和から購入するのがおすすめ

ふわりぃのランドセルは公式ホームページでもアウトレットを購入することができます。

しかし今回、わが家はふわりぃのメーカーでもあるスーツケース&ランドセル 協和さんの楽天ショップから購入しました。

その理由は次の通りです。


POINT

  1. 修理などの対応は結局、協和の工場で行う
  2. 楽天の方から購入しても保証は同じ
  3. 楽天ポイントが貯まる
  4. 楽天にはあって公式にはないモデルがあった

中でも「公式にないモデルがあった」のが、理由としては1番大きいですね。

ちなみに価格は、公式も楽天の協和さんも同じでした。

ランドセルは安くても十分じゃない?

ランドセルを背負った子供達

ランドセルを安く購入したいならアウトレットのランドセルを検討してみてください。

ただし、制約はありますのでどこまで妥協できるかです。

でも、その制約も妥協も早めに行動することで、だいぶ減らすことができます。

もちろん選び放題ではないけれど、早めにアウトレットねらいで探せば、かなり選択肢の幅は広がりますよ。

それでも、

やっぱり型落ちはなぁ~

と思ってます?

考えてみてください。

ランドセルを使うのは誰ですか?

あなたではなく、あなたの子どもですよ。

そのランドセルはあなたの子どもが本当に欲しいもの?
あなたの好みを押しつけてない?

子どもがランドセルに求めるものって色ぐらいですよ。

大人だってランドセルの違いって色ぐらいしか見分けつかないでしょ?

何年のモデルとか、絶対わかんないでしょ?

年々、ラン活のスタート時期が早まっています。

人と違うランドセルを手に入れるためにオーダーメイドで、ものによっては10万円越えもあるそうです。

でも、人と違うもの(ランドセルとか)を持つことが個性ではありませんよ。

その10万円のランドセルじゃないと子どもがかわいそうですか?

むしろ、ランドセルを安く買って、その浮いたお金でディズニーランドに1回ぐらい連れて行くことができますよ。

以上、よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立ちましたらSNSでシェアいただけると幸いです。