お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

子連れも車いすの方も大丈夫!!千葉市若葉区のふるさと薬膳レストラン澪のバイキングに行ってきたよ

こんにちは。お父さんのたまご焼きです。

先日、わたしの誕生日のお祝いを兼ねて、前から行ってみたかった千葉市若葉区下田にある『ふるさと薬膳レストラン澪』に行ってきました。

f:id:pdas100:20180416080005j:plain

食事は昼間のバイキングのみなんですが、そのバイキングが素晴らしかったので紹介します。

ふるさと薬膳レストラン澪

レストランは『下田農業ふれあい館』に併設されています。

食事は昼間のバイキングのみで、料金は大人1,300円、小学生700円、4~6歳300円。ホームページでは、まぎらわしい記載ですが、ドリンクバー込みの料金です。

なので、わが家は2,900円。安い!

ちょっとしたファミレスでの食事より安いかもしれません。

ちなみに、月曜日が定休日です(千葉市の施設なので、ちゃんと休みます)。

メニューは優しい味付け

料理は地元野菜をふんだんに使った和総菜がメイン。作っているのは地元のお母さんたち。

まさに、家庭料理のバイキングです。ありそうで、なかなかないですよね。

なのに、バイキングメニューは3ヶ月に1回変わります。

場所柄、ちょっと不便な場所ですが飽きられないように工夫されています。当日もお客さんがたくさんいました。

今回のメニューでイチ押しだったのは、地元の米粉を使ったから揚げ。

米粉のおかげかあっさりしていて、おまけに、おいしいからすぐなくなるので、いつも揚げたてが食べられる。

そりゃ、おいしいよねって話ですよ。

ナポリタンもあったんですが、これが懐かしのケチャップ味。シャレたフレッシュトマトソースとかではないあたりも、わが家的には好印象。

子どもはケチャップ大好きだし。

f:id:pdas100:20180417183734j:plain

デザートも手づくりでやさしい味付け

バイキングとかって、デザートがケーキだったアイスだったりして、子どもの食べすぎが気になりません?

ご心配なく。

この日のデザートは、杏仁豆腐、黒蜜寒天、みかんゼリー、お汁粉。全部、手づくりで、甘さひかえめ。

さすが、お母さんたちが作っていらっしゃるので、親の気持ちをわかっってらっしゃる味付けでした。

もちろん、フルーツもあります。

子ども連れも安心です

レストラン澪には、写真のように子ども用イスが用意されていますので、ご心配なく。

f:id:pdas100:20180417075519j:plain

わが家は小さい子どもが2人いるので、外食は子どもが座れる店かどうかが重要な選択肢です。

事前に座敷がないことはわかっていましたが、子ども用のイスがあるかどうかがわかりませんでした。

※飲食店の方、ホームページに子ども用イスありとか書かれていると、子ども連れの方の選択肢になりますよ。

車いすにも十分な広さです

今回行った際にもお客さんの中にいましたが、車いすの方も十分動き回れるだけの通路の広さがありました。

もともと、そんなに広い店内ではないのですが、座席・テーブルもそんなに多くないので、通路や料理がおかれている周りも十分な広さがありました。

当日いた車いすの方も、自分で料理を見て回ったりして、おいしい、おいしいと楽しそうに食事していました。

わが家はリピ決定です!

とにかく、わが家としては不満な点が一切ないレストラン澪のバイキング。

メニューが変わったら(次は、6月に「夏」御膳の予定)、また行く予定です。

いや、絶対行きます!

高級レストランやホテルなどのバイキングもいいですが、こんな家庭料理が食べられるバイキングもいかがでしょうか。

f:id:pdas100:20180417184259j:plain
※レストランの隣はゴルフ場なので、見晴らしもいい感じで、お食事が楽しめますよ。

以上、よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしていただけると幸いです。