お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

家庭菜園・市民農園を始めたいあなたに合う畑がきっと見つかる。初心者の選び方のポイントはココだ!

野菜セット

ご訪問いただき、ありがとうございます。


週いちで農作業を楽しんでいる、おとたま(@ototama46)と申します。

どこかに農園借りて野菜作り始めてみたいけど、何から始めればいいのかなぁ

農園を借りるって、なんか難しそうだよね

そんな漠然とした悩みを持つあなたのために、こんな記事を用意してみました。


家庭菜園、特に市民農園などの広い農園を借りて野菜作りを始めるとなると、

  • そもそも、市民農園ってどんなとこなの?
  • 場所選びって何か気をつけなきゃならないこととかあるの?

って気になることありますよね?


この記事を読めばそんな悩みを解決できます。


わたしも過去、2か所の市民農園を借りてきましたけど農園決めるのにあちこち下見をして、ここは重要だなと思うポイントがありました。


そこを外さなかったことが、今年で7年目になりますが、楽しい野菜づくりを続けられている理由です。


ですから、わたしが畑選びで重要と思ったポイントを参考にしていただければ、あなたにも野菜作りを楽しんでいただけると思います。


この記事を参考にしていただければ幸いです。


そもそも市民農園ってどんなところ

よく、市民農園って聞くけど、そもそもどんなところなの?

なんとなくはイメージできてるかもしれないけど、ホント色々あって、それぞれ違いもあるんだよね


市民農園は行政が貸主のことが多く、貸し農園と家庭農園といった場合は個人(農家さん)が貸主の場合が多いです。


だから、畑の設備にも多少、差があります。

こちらの記事を参考にしてみてください。

市民農園を借りる時のポイントは4つ

ふ~ん、色々あるんだね。じゃあ、どんなところに気をつけて選べばいいの?

ポイントは大きく4つ

  • 距離
  • 駐車場
  • トイレ

それぞれ、理由があります。こちらの記事に詳しく書いていますので、ご参考にしてください。



借りる市民農園が決まったら次は農園内の位置を決めよう

場所は決まった。じゃあ、あとは作るだけだね!

チョット待って。農園内でも場所が選べるんだったら注意すべき点があるよ!


農園内の場所(区画)が選べるのであれば注意してみてください。


区画によっては野菜作りのトラブルになります。



番外編1:市民農園を借りたら雑草処理は必須

よ~し、野菜作るぞぉ。でも、農園中、雑草だらけ・・・これ、どうしたらいいの?

広いスペースを借りて野菜作りをすると、雑草処理って必ずつきまとう問題なんだよねぇ

初夏から初秋にかけて畑の野菜が育つのと同じく、雑草たちもグングン育っていきます。


広いスペースを借りて野菜を作るからこその悩みですね。


わたしは4つの方法を今まで試してきました。今一番やっている方法は燃やす堆肥化です。



番外編2:市民農園で作ってみたい野菜

せっかく広いスペースがあるから、なんかたくさん取れる野菜作ってみたいなぁ

じゃあ、ジャガイモはどう?

手間がほとんどかからないので初心者向きだし、とにかくたくさん獲れますよ!



市民農園で野菜作り(まとめ)

せっかくお金を出して農園を借りて野菜を作るんですから、楽しいに越したことはないですよね。


距離が遠かったりたくさんの荷物を運んだりと農園自体が不便だったりすると、農園に行くのが面倒になりそのまま農園から足が遠のき、結局、野菜を作るのを辞めちゃう。

それじゃあ、もったいないよ。自分で育てた美味しい野菜は格別な味だよ!

野菜を作るだけでも、うまく育たなかったり暑かったり寒かったりで大変なのに、あらかじめ注意しておけば避けられることでさらに大変だと、野菜作りが楽しくなくなってしまいます。


この記事を読んでいただければ、そんな注意点をあらかじめ避けることで、野菜作りを楽しんでいただけますので、ぜひ、あなたに合った農園をみつけてください。


以上、よろしくお願い申し上げます。


この記事が役に立ちましたらSNSでシェアいただけると幸いです。