お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

時間のない40代の社会人対象の公務員試験勉強は、この問題集から!

受験勉強する熊

どうも、おとたま(@ototama46)です。


公務員への転職、始めてみる?


よし、やってみるか!と思ってネットで調べてみても、いろんな情報があって、何から始めればいいか悩んじゃいますよね。


公務員情報サイトや転職情報サイト、予備校サイトなどがたくさんあって、いろんな事が書いてあって読むだけですごく時間が経っちゃって、みたいな。


その時間がもったいない!


だったら、今すぐ問題集を解き始めましょう。


公務員試験は勉強すれば解けるようになります。


ライバルは、すでにスタートしてますよ。


えっ、どれから解けばいいかわからない?


ズバリ、コレでしょう!

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)



問題集のおすすめ理由1:すべての範囲が網羅されている。

本だな

民間企業から公務員への転職での試験は、基本的には一般教養科目の試験しか課されません。


新卒採用にある行政法のような法律関係の試験は私の知る限りなく、その代わりに、論文が必ずあるのが民間経験者採用試験の特徴となっています。


その一般教養科目のほぼすべてがこの問題集で網羅されています。


ネットで調べると“この科目ならこの問題集!”ってのがありますが、それらをいきなりすべてそろえるのはムダです。


なぜなら、やってみたけど難しくて、途中でや~めたってなるかもしれないじゃないですか?


でも、まずはこの問題集を解いてみて、やっぱ難しいからや~めた、ってなってもたかがしれてる金額です。


もちろん、本気でやり始めたらこれだけでは足りません。


試験に合格する確率をより高めるために、科目ごとの問題集に取り組む必要があります。


でも、それはまずこれをやりきってからでも遅くはありません。


わたしも最初にこの問題集を買って解いてみて手ごたえを感じ、公務員への転職のために試験に真剣に挑戦しようと決めました。


ですから、ひとまず、この問題集から始めましょう。

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)



問題集のおすすめ理由2:今の自分のレベルがわかる

勉強する手

この問題集は一般教養科目がほぼ網羅されていますので、一通り解いてみると、得意科目や不得意な科目が見えてきます。


科目別の問題集を買うのはそれからでも遅くありません。


わたしの場合、一通り解いてみて、やはり公務員試験独特の「数的処理」が苦手でした。


この「数的処理」は公務員試験の約4割を占める科目なので、しっかり対策する必要がありましたので、ネットで調べて多くの人が進めている問題集を別に購入して勉強しました。


その甲斐あってか、本番ではほとんど解けなかった記憶がありません。


また、試験を受けていく中で不得意科目が見えてきた(私の場合は国語)ので、それも新たに購入して強化しました。


国語はもともと苦手だったし、勉強しても成績が上がらないと思っていたので避けてましたが、いざ問題集で対策すると意外と解けるようになりました。


なにごとも食わず嫌いはだめですね。

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)



問題集のおすすめ理由3:試験会場に持っていきやすい

受験に向かう人たち

試験を受ける当日、問題集を何も持たないでいく人ってそんなにいないのではないでしょうか?


じゃあ、何を持って行くかとなったとき、科目ごとの個別の問題集をたくさん持って行くのも大変ですよね?


この問題集であればほぼすべての一般教養科目が含まれていますので、気になる科目が複数あってもこの問題集一冊ですみます。


わたしは1カ所だけ、現住居から当日の移動では間に合わない試験会場がありましたので前日入りする必要があり、その時にこの問題集だけを持って行きました。


いろいろ持って行きたかったけど荷物になるし、そんなに勉強する時間もないので、すべてが網羅されているこの問題集だけを持って行き、空き時間などで復習しました。


何回も解いていたのでほぼ覚えていたんですが、何もしないのも落ち着かないので。


最後の復習として、これだけ持って行けば十分じゃないでしょうか?

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)



まとめ

とにかく、公務員への転職を考えているのなら、まずはこの問題集を買って解いてみてください。

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2020年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

自分のレベルが分かるし、どれくらい対策が必要なのかがハッキリします。


公務員への転職は一発勝負での合格もあり得ますが、対策をすればするほど合格の確率は高くなります。


ということは、早く始めた人から有利です。


さらに長期戦になりますので、やはり、ゴールまでの距離がわからないとモチベーションを維持できません。


マラソンなどの長距離走の選手もゴールまでの距離が42.195キロとわかっているから頑張れるんです。


でも、マラソンと違ってライバルはすでにスタートしていますよ。


だから、公務員への転職を意識したなら、今すぐゴールまでの距離を計ってみて下さい。


どうです?


ゴールできそうな距離ですか?


以上、よろしくお願い申し上げます。


ちなみに、わたしはこちらのサイトなんかを試験の情報収集に利用していましたので、参考にしてみて下さい。

90r.jp


この記事が役に立ちましたらSNSでシェアいただけると幸いです。