お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

抱っこひもの横抱きは正直いらない

抱っこひもこんにちは、お父さんのたまご焼きです。

幼稚園の新学期が始まりました。

進級式でのムスメ(年中組)は、あきらかに一年前より大きく見えました。

幼稚園で狭いながらも社会を学び、精神的にも成長したんだなぁと、改めて実感しました。

さて、今回は、そんなムスメと1歳のムスコを育ててる中で気づいたことを記録しておこうと思います。

だっこひもの横抱きは不安定だった

子どもが産まれると必ず必要になるのが「だっこひも」です。

一番人気は、ご存知エルゴですね。

そんな中、わが家の奥さんはリサーチの結果、アップリカを選びました。

理由は横抱きができるから。

でも、奥さんがこだわった横抱きは、ほとんど使いませんでした。

なぜなら・・・

ちょ~不安定。

ホント、ただ横たわってるだけで、ほとんど固定されていないので手を添えてないと危なっかしくて。

エルゴには新生児用のスペーサーがある

エルゴには新生児用のスペーサーがあります。

これを使うことで、首がすわっていない新生児をたて抱きすることができます。かなり安定してたて抱きできます。

首がすわっていない新生児を保護するためなので当たり前ですが、このスペーサー、スゴい厚みがあるのでお母さんは暑いんです。子どもも汗をかきやすく、あせもができたりするんです。

奥さんは、それを嫌がり、エルゴではなくアップリカにしました。

そんな理由で選んだアップリカですが、いざ、初めて横抱きを使ってみると、

えっ?子どもが乗っかってるだけで、落ちちゃいそう!

というのが夫婦共通の感想でした。

アップリカの横抱きは、子どもの落下を防ぐ機能がほとんどない

横抱きの場合、子どもの下半身に一応、メッシュの落下防止があるんですがブカブカで子どもが固定されるにはほど遠い状態。ブカブカ解消のためにと、おくるみと一緒だと子供の下半身にメッシュが装着できない。

結局、不安定なので手を添えてないと危ないから片手が使えない。片手が使えないと、お母さんはできることが限られちゃいます。買い物なんか、かなり不自由です。

横抱き以外はエルゴと変わらない

首がすわるまでは、そんなに出かけないから、横抱きもスペーサーもいらない。世の中、エルゴ派が多数なので人と違うものがいい!という人はアップリカありです。

わが家も、実際には、首がすわるまではそんなに出かけないし、抱っこひもに納めること自体が危なっかしいので、結局、手で抱えていました。

なので、全然、エルゴでなくアップリカでよかった。

メジャーだけど意外とかぶらない。

わが家は、奥さんがネットで見つけたレインボーカラー。四年経つけど、同じの使ってる人、見かけたことないなぁ。

あまのじゃくな私たち夫婦は、誰ともかぶったことがないだけで、横抱きが思うほど役に立たなくても、もう満足!

ということで、自分にあった抱っこひもを見つけて下さい。

できれば、お父さん専用もあるといいですよ。
https://eggs-of-father.hatenablog.jp/entry/%E3%81%8A%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93%E5%B0%82%E7%94%A8%E6%8A%B1%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%B2%E3%82%82eggs-of-father.hatenablog.jp


だっこの時期なんて、あっ!という間に終わっちゃいますから(^_^)

以上、よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしていただけると幸いです。