お父さんのたまご焼き

お父さんのたまご焼き

1馬力でもお金も時間も心も豊かになるブログ

転職組公務員の給料は、最初必ず下がるけど自分次第で追いつける

給料は上がる

公務員に転職したら給料って下がるの?

本記事はそんな悩みを持つあなたのために用意しました。

ご訪問お待ちしておりました。40歳で50倍の公務員試験を突破したおとたま(@ototama46)です。

結論から言うと、

まぁ、最初は間違いなく下がるね。でも、自分次第で上げられるよ

社会人経験がある程度あると転職するとき、やっぱり給料は気になりますよね。

わたしは41歳で社会人対象の公務員試験に合格して転職しました。

ズバリ、年収(給料)は民間時代の約7割まで下がりました。

わたしは前の会社も転職組だったので年齢の割には給料が少ない方だったかもしれませんが、それでも約3割少なくなりました。

人によって前職の条件が違うので一概には言えませんが、社会人対象の公務員試験で採用される人(おおむね30代後半以降の人)は基本的には下がることの方が多いです。

数年はガマンが必要ですが、採用後に自分次第で上げることは可能です。


年収(給料)は事前にある程度わかる

はてなマークと人形

職員の給与は各自治体の条例で決められています。

たとえば東京都は以下のとおりです。

職員の給与に関する条例

自分で調べようと思えば調べることは可能です。

でも、どのくらいのポジションで採用されるか厳密にはわからないので、ある程度わかるというぐらいです。

そのポジションは民間時代に管理職だった人であったとしても、基本的には一般職員の最上位ぐらい(民間で例えると係長の一つ下の位置)です。

まぁ、新規採用の学卒(上級職)から7~8年経ったぐらいの職員レベルといったところでしょうか。

どんなに民間時代に部長とかすごい結果を残した人であっても、いきなり、係長や管理職になることはありません。

ですから、給与はほぼ全員下がります。


年収(給料)は民間時代の7割ぐらい

雲の上に円マーク

わたしは40歳で試験に合格し、41歳で公務員に転職しました。

民間時代の役職は管理職一歩手前。転職しなければその秋に管理職の登用試験を受けるポジション。

民間を辞める直前は、月収40万、ボーナス90万で年収約700万円

公務員1年目は、月収30万、ボーナス60万に夏場の大残業で年収約540万円でした。

最初の配属先は夏だけすごい時間外がありましたので、もし時間外が少ない職場に配属になっていたらもっと少なかったでしょう。

おそらく約500万円ぐらいなんじゃないかな。

わたしは民間時代より約3割年収が低くなりました。

民間時代の給料が多い人ほど当然、減収のインパクトは大きくなります。だから、給料アップが目的なら公務員への転職はおすすめしません。


年収(給料)は6年目でやっと追いついた

上昇イメージ

わたしは4年目になるときに昇格試験を受け、係長クラスに昇格しました。

おかげで6年目に、やっと民間時代の年収に追いつくことができました。

もし昇格試験を受けてなければもう2~3年かかったと思います。

転職したとき、まだ子どももいませんでしたし家も買ってなかったので借金はまったくなし。

そんな事情もあって、41歳で転職し奥さんが専業主婦であってもお金に困ることはありませんでした。

以前、Twitter経由で、ある県庁に合格したけど給料が安いので辞退しようか迷ってると相談してきた方がいました。

給料だけでなく子どもの転校も絡むのでと言ってましたが、そんなの受験する前からわかっていたはずなんですが・・・。

まぁ、給料に関しては想定以上の減額だったのかもしれませんね。結果は聞いてませんが、おそらく辞退されたんだろうと思います。

給料に関しては、受験案内にあらかじめ書いてあったり、事前に受験する自治体に問い合わせたら目安は教えてくれますよ。

ちなみに、わたしの自治体はだいたいの目安が受験案内に書いてありました。


公務員へ転職したい理由は年収(給料)アップ?

光を指す指

そもそも、あなたが公務員へ転職したい理由って何でしょうか?

Twitterで問い合わせてきた方のように、給料が安くて生活が成り立たないのであれば転職しなければいいだけです。

でも、そんなことは元々わかっていたはず。

じゃあ、なんで公務員へ転職したいの?

一番の理由は、やはり安定を求めてじゃないですか?

「〇年後には××がなくなる」「自治体の仕事はほとんどロボットに取って代わられる」とか言われてます。

50年後はわかりませんが、とりあえず現状すぐにつぶれる(自治体がなくなる)心配はないでしょう。

公務員の仕事の一部をロボットやAIがやっていることはある十分考えられます。でも、自治体はなくならないし公務員という職業もなくなりません。

そのまま今の会社に残っても将来に不安がないのであれば転職しなくてもいいですが、目の前に提示された給料が安いことだけに目を奪われて、本来の転職の目的を忘れていませんか?

確かに入庁直後、給料は安いかもしれませんが自分で給料をステップアップさせる道もあります。

せっかく試験に合格したなら、チャンスをものにできるよう事前に考えておきましょう。

以上、よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立ちましたらSNSでシェアいただけると幸いです。