お父さんのたまご焼き

おとたま

「お父さんのたまご焼き」から改名しました

【転職の第一歩】仕事の検索方法が重要!!2度の経験から学んだ事とは?

f:id:pdas100:20210317213454p:plain

転職活動って何から始めればいいの?

本記事はそんな疑問を持つあなたのために用意しました。

どうも、2回転職しているおとたまです。

転職活動、始めようと思ってる?

転職したい理由、仕事を変わりたい理由は人それぞれです。

わたしも過去2回、転職してきました。

理由はそれぞれ。

1回目の時は辞めることをギリギリで決めたため、辞めたあとの転職活動のことなんかまったく考えていませんでした。

おかげさま(?)で30代前半に約2年間も無職でした。

そんなわたしも手探りで転職活動をして、なんとか転職できました。

そんな手探りで転職活動していたとき、いろんなサービスを利用しました。

ハローワークや転職情報サイトなど、転職に関する情報は今ではたくさんあります。

役に立つサービスもあれば、まったく役に立たないサービスもありました。

転職活動に正解はなく人それぞれだと思いますが、新しい仕事ってどうやってみんな探しているのか気になりますよね。

今回は、過去2回、転職をしたわたしが実感した役に立ったサービス、役に立たなかったサービスを紹介したいと思います。

転職活動にふみ出そうとしているあなたの役に立てれば幸いです。


公的な転職サービス:ハローワーク

ハローワークの建物
転職活動といえば、まずハローワークを思い浮かべるでしょう。

でも、ハローワークで見つけられる仕事は地元の仕事がほとんどです。

求人する側になるとわかるんですが、地元の人を雇いたい場合はよくハローワークに求人を出します。

なので、地元(今の居住地)で転職したい場合は、ハローワークが最も効率よく仕事を探せるでしょう。

ただし、あなたは地元の雰囲気は感じているでしょうから、自分の希望する規模の転職先がありそうかなさそうか、景気がよさそうかどうかは行く前から何となくわかっているんじゃないでしょうか。

あと、採用にお金を掛けられない中小企業の求人が多いですね。

なぜなら、ハローワークへの求人登録は無料ですから。

採用にある程度お金をかけられる規模の会社なら、あとに書いてある転職情報サービスに求人を掲載して全国規模で募集します。

なお、失業保険の手続きはハローワークで行いますので、仕事を辞めて無職なら必ず行くところではあります。

会社が用意した転職仲介サービス

転職説明会

このサービスを会社が用意するときは、基本、希望退職を募る時じゃないでしょうか。

会社としては、ただ解雇するわけにもいかないので、今後も考えてあげてますよ的なポーズのために。

だから、会社が用意した転職仲介サービスは基本あまり役に立ちません。

わたしも少しは期待しましたが、そもそも担当者が退職後の再任用な年齢の人で、まったく転職のこととかわかってませんでした。

そりゃそうですよね。

担当者自身が転職なんて考えたことがなく定年まで勤めたんですから。

会社としてはポーズのためなので、仲介サービス側もあまり真剣に転職先を探しません。

会社も仲介サービス会社も、ぶっちゃけ、あなたの転職に興味ないですからね。

転職情報サイト

パソコンとスマホ

まず最初に情報を探してみるときに、大半の人は転職情報サイトを訪れるでしょう。

リクナビNEXTとかen転職とか。

わたしもほとんど、これらの転職情報サイトをよく使ってました。

最初の転職先を見つけたのも転職情報サイトでした。

転職情報サイトはホント、いろんな職種の求人が掲載されていて、勤務地も日本中から選べるので、希望の勤務地の希望の職種を探すことができます。

ちなみに、公務員への転職(民間経験者採用)も転職情報サービスに掲載されていることが最近は多くなりました。

公務員も最近はなり手が少ないこともあり、SNSなどにも求人広告出したりしています。

転職情報サイトはぜひユーザー登録して、仕事を探すためだけでなく、ユーザーだからこそ使えるサービスを活用欲しいと思います。

エージェントサービスとか履歴書添削とか。

これは1回目の転職先に入ったあとに上司に言われたことなんですが、

「○○さんの応募書類、特に過去の経歴とか他の人と比べても、凄くわかりやすくまとまっていた。○○さんの経歴書は別格だったから、すごく印象に残ってるよ」って。

わたしは当時、リクナビNEXTの履歴書添削サービスを受けたことがあります。

自分で作成した経歴書をネット経由で送付して添削、アドバイスしてもらうみたいなサービスです。

当然、自分なりにいろいろ工夫して作成しますが、さすが転職支援のプロならではの視点でアドバイスをくれます。

伝わりやすい経歴のまとめ方や前向きな文章の書き方とか。

転職情報サイトのサービスは試してみる価値ありです!

転職サービス(まとめ)


主な転職支援サービス

  • ハローワーク
  • 転職仲介会社(会社が用意)
  • 転職情報サイト

あなたが転職先に望む条件を探しやすいサービスを利用することが、次の第一歩への近道であり、時間も短く済みます。

でないと、時間だけが無駄に過ぎていくし、いつまでも決まらずに焦りばかりつのります。

でも、どんなサービスを利用するにも、今の仕事を続けながら転職活動して下さい。

2回の転職経験から言えることはただひとつ。

仕事を辞めてからの転職活動は精神的につらいです。

なかなか決まらないと、やっぱり焦るし、条件妥協しまくって、何のために転職しようとしてたかさえ見失ってしまいます。

だから、今すぐ辞めないと身体を壊してしまうなどのことがなければ、仕事を続けながら次を見つけて下さい。

そのためにも、まずは仕事しながらでもできる転職活動「転職情報サイトへの登録」から始めてみましょう。

いい仕事が見つかるといいですね。

以上、よろしくお願い申し上げます。

※ランキングに参加しています。よければポチッとしてください。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ にほんブログ村

転職・キャリアランキング